EN 九州大学
NEWS

第10回CSJ化学フェスタ2020が開催されます。

2021/08/17

第10回CSJ化学フェスタ2020は、新型コロナウイルス感染症の流行状態を鑑み、オンラインでの開催となりました。

第10回CSJ化学フェスタ2020
 会 期:2020年10月20日(火)~22日(木)
 問合せ:公益社団法人日本化学会 企画部 Mail:festa@chemistry.or.jp/Tel:03-3292-6163

設立当初からの趣旨・目的である 「産学官の交流深耕」と「化学の社会への発信」に沿って、
当研究室からも田中教授と学生が参加、発表予定です。

フェスタ企画(有料)/公開企画(無料)ともに参加登録が必要となりますので、
ご参加いただける方は下記URLよりお申込みください。
https://www.csj.jp/festa/2020/guideline_for_rgst.html(最下「参加申込フォーム」へ)

《田中教授担当セッション》

  • くすりがやってくる~病気の細胞の気持ち~
    日時:10月20日(火) 13:00-17:15
    内容:化学の力は、薬剤候補分子を合成するために留まらず、薬剤分子を体内の望みの位置に適切なタイミング・量で送達するためにも必要とされています。本セッションでは、化学の力で、薬効を示す様々な分子を病気の細胞に運ぶことを可能にする薬剤送達の最先端研究を講師の先生方にご紹介頂き、今後の課題と発展性を考えます。
  • 文科省科研費新学術領域研究「水圏機能材料:環境に調和・応答するマテリアル構築学の創成」
    特別企画:水に調和して機能を発揮する材料をつくる(2)
     (コラボレーション企画)
    日時:10月22日(木) 09:25-12:00
    内容:本新学術領域は「水」の存在下において環境と調和・相互作用しながら機能を発現する材料を「水圏機能材料」と定義し、研究を行っております。「水」と「材料」の相互作用を分子レベル・ナノ集合レベルでとらえ、電子・イオン機能性、バイオ・環境機能性、メカノ機能性を発揮する水圏機能材料について紹介いたします。

Challenges for Biomaterials Design and Applications to Accelerating Healthcare Innovation