EN 九州大学
NEWS

ダイナミック・アライアンス合同分科会を企画、開催しました。

2020/11/30

~2020年度合同分科会~

「人・環境と物質をつなぐイノベーション創出 ダイナミック・アライアンス」事業は、参画5研究所(北大・電子研、東北大・多元研、東工大・化生研、阪大・産研、九大・先導研)による全国附置研究所間共同研究プロジェクトとして活動し、2附置研による活動開始時(2005年)から通算で15年目を迎えました。

今期(2016~2021年)の集大成時期である2020年度アライアンス分科会は、3グループ合同で、ウェブ経由にて開催されました。

  • G1:エレクトロニクス 物質・デバイス
  • G2:環境エネルギー 物質・デバイス・プロセス
  • G3:生命機能 物質・デバイス・システム (G3のグループ座長を田中賢先生がつとめられました。)

コロナ禍によりウェブ経由での開催となりましたが、午前の部では約200名、午後の部では約150名の参加を得て、
分野・役職等を超えた活発な議論が成され、大変有意義な会として盛会に終えましたことを報告いたします。
▼詳細URL
http://alliance.tagen.tohoku.ac.jp/g3/news/article.php?id=727


Challenges for Biomaterials Design and Applications to Accelerating Healthcare Innovation