1. ホーム
  2. ニュース・講演会(山形大学アーカイブ)

ニュース・講演会(山形大学アーカイブ)

九州大学へ戻る

2015/08/25 (Tue)
2015年9月8日(火)森田成昭 先生 大阪電気通信大学 講演会

下記の通り講演会を開催いたします。皆様のご参加をお待ちしております。


九州大学先導物質化学研究所講演会


◆日時:9月8日(火)15:30-17:00


◆場所:九州大学伊都地区 先導研CE41 1F 第1セミナー室A

     山形大学工学部1号館グローバル教育棟講義室(TV会議システム)


◆演題:分子分光による高分子の構造研究-含水高分子の水和構造


◆講師:森田成昭 先生 大阪電気通信大学 工学部 基礎理工学科


◆要旨:赤外・ラマンといった分子分光法は,官能基レベルの分子構造や分子相互作用の情報を詳細に教えてくれる.そのような手法を巨大分子の研究に用いることはナンセンスなのだろうか?「木をみて森をみず」ということわざがある.高分子の分子分光は,局所的な官能基をみすぎて,巨大分子の特性を見失ってしまうのか?フローリー・ハギンズ理論ではモノマーの特性をひとつの相互作用パラメーターによってあらわす.分子分光屋は逆にモノマー中の官能基それぞれに着目する.そもそも生物は,複雑だが精密な共重合体の官能基を巧みに操って分子機能を発揮している.本講演では,官能基レベルにおける高分子鎖と水分子との相互作用に着目した,生体高分子やバイオマテリアルを含む,含水高分子の水和構造研究について,これまでの成果を紹介する.


 問い合わせ先:先導研ソフトマテリアル学際化学分野 田中 賢 (masaru_tanaka@ms.ifoc.kyushu-u.ac.jp)




前の記事へ 次の記事へ

2017/03/21 (Tue) category 准教授公募のお知らせ  九州大学先導物質化学研究所(ソフトマテリアル部門)  TOPICS
2017/02/17 (Fri) category 田中賢教授、福島和樹助教が指導を務める福島研究室M2高岡駿矢君が山形大学校友会長賞を受賞しました。 TOPICS
2016/10/21 (Fri) category 福島和樹助教の日本化学会第96春季年会(2016)優秀講演賞(産業)受賞者コメントが「化学と工業」6月号の「化学会発」に掲載されました。 TOPICS
2016/09/05 (Mon) category COI中間評価で最高評価を得ました。 TOPICS
2018/11/12 (Mon) category 田中賢教授の研究関連グループのM1の藤村望さんが10月29日より開催された海外研修でポスター賞を受賞しました。 
PAGE / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
ニュース・講演会 研究室訪問インタビューロゴマーク ロゴマークについて リンク

スマートフォンサイト

スマートフォンサイト

スマートフォンからもアクセスできます。

COIフロンティア
有機システム
イノベーション拠点

COIフロンティア有機システム イノベーション拠点 PDFパンフレット[607KB]

関連リンク

生体親和性を有する医療用材料設計技術の基盤構築 九州大学 山形大学 フロンティア有機システム イノベーション拠点(COI-T) フロンティア有機材料システム創成フレックス大学 科学技術政策 内閣府

ブックマーク登録

はてなブックマークに追加 Googleブックマークに追加 del.icio.usに追加