”先端医療材料をデザインする”
九大先導研に新設された化学とバイオの学際領域の研究室です。
独自のコンセプトにより生体親和性に優れた医療材料を精密合成し、早期診断・治療用の医療製品の実用化を行っています。
生体と材料の接触面であるバイオ界面水の役割に着目し、生体親和性発現機構を解き明かします。
臨床応用に直結する分子設計技術の確立を目指しています。
当研究室発の先端医療材料により未来の医療を拓き、心豊かで快適・健康なライフスタイルの創造に貢献します。


ニュース・講演会


pagetop